七 ヤマト(京タロ速習講座のまとめ)

勝ち鬨 荒波の中 雄叫ぶ 我の音は 我が一番先に聞く      ◆ 七 ヤマト … Continue Reading →

六 ムスビ(京タロ速習講座のまとめ)

ひもろぎの場    ◆ 六 ムスビ 京タロラジオでのポイント   ● … Continue Reading →

伍 イナリ(京タロ速習講座のまとめ)

タマノミ 正邪 美醜 賢愚 長短 大小 遅速 男女 陰陽   色あり 波あり 味… Continue Reading →

拾壱 トリイ(京タロ速習講座のまとめ)

迎 朱雀  知っていなさい  無二の番(つがい)が 舞い降りてきたことを    … Continue Reading →

本当に大丈夫なこと

あえて楽しもうって思っているわけではないし、前向きにならなって考えているわけでも… Continue Reading →

弐 ククリ(京タロ速習講座のまとめ)

月下氷人       ◆ 弐 ククリ 京タロラジオでのポイント   ●&nbsp… Continue Reading →

仮面の下で小さく叫ぶ

個人的なメモ。 「このままではだめだ」という良く言えば向上心、悪く言えば自責の心… Continue Reading →

わがまま姫が報われる?ククリのテーマ

 

あるある言いたい…

みんなー、自粛してるかーぃ?! と、POPにはじめるこのブログ。( ̄▽ ̄)v  … Continue Reading →

額装、コンプリート!

額装家、向井りいこ先生にご依頼していた大アルカナの額装が、二年がかりで、ついにコ… Continue Reading →

ひとり鎖国

四 イザナギ(京タロ速習講座のまとめ)

建て前のイザナギ いつでも、本音を捉えていなさい。 しかし、 今のあなたに訪れた… Continue Reading →

参 イザナミ(京タロ速習講座のまとめ)

参 イザナミ (四 イザナギの一部) ほは こころ イザナミは、こころとからだを… Continue Reading →

未来がない という意味

このまえのスピンオフ回を聴いてくれた大切なお友達から、 「『未来がない』というよ… Continue Reading →

壱 いちひめ(京タロ速習講座のまとめ)

  京都タロットの展開図(スプレッド)は、「平安京」に当たり、 平安京を、将棋盤… Continue Reading →

零 たろう (京タロ速習講座のまとめ)

──たろう、聖なる少年   桃太郎  金太郎  浦島太郎………など、 日本では「… Continue Reading →

後頭部を掻いてくれた手の夢

六道珍皇寺に参詣した翌朝のこと、 しっかり眠ったはずなのに、なぜか眠くてしょうが… Continue Reading →

日常感覚の変容

言うまでもないことですが、 私は、京都タロットを、すごく楽しんで使っていて、 生… Continue Reading →

冥府通いと黄泉がえり

──夢で、父が立っていた場所だった 奈みこさんと待ち合わせしていたが、時間を読み… Continue Reading →

翡翠と水晶

昨夏、思うところあって、小さな翡翠とハーキマー水晶を手に入れた。 翡翠にいたって… Continue Reading →

一寸爺の夢

父の夢を見た記事をアップして、 1年くらい前にも見た、印象的な父の夢を思い出し、… Continue Reading →

父の転生を予感する夢

亡父が登場する夢を見ました。 父は、わたしの傍に来て、 「あなたは、私の妻か?」… Continue Reading →

愛情に見えるものではなく

目が新鮮

「めっちゃバンブルビーがかっこよく見える。熱のおかげかなあ」と トランスフォーマ… Continue Reading →

タロットルームを作ります!

カードデッキ特別セール!

京タロラジオにて『速習!京タロ意味講座』をはじめます。 1枚ずつの簡単解説。20… Continue Reading →

素晴らしい石鹸の香りの漂う夢うつつから覚めて

あけましておめでとうございます 2020年も明け、10日以上経ちましたね。 今年… Continue Reading →

書斎の御神体

うちの屋号は奇想庵というのだけれど、 うちの書斎のことを、わたしは 自分のペンネ… Continue Reading →

出雲国、神在月

撮影:奈みこ 早朝、松江のホテルに着き、温泉へ。朝靄にかすむ宍道湖を眺むる。 神… Continue Reading →

成層圏で神話が生まれる

ストンと心に落ちてきた。 言語化するのは難しい…。 しかし、それこそ、私が、本心… Continue Reading →

心機一転

しばらく書かなかったのは、あちこち散逸しているブログに違和感が募ってしまったから… Continue Reading →

エンマさんの審判と、その意味

昨日の夜、なにかが弾けた。 考えるのがじゃまくさくなった。 もうどうでもええわと… Continue Reading →

指南書の初稿、完了!

指南書、完了。2ヶ月、集中して書き上げた。異様な緊張状態が続いていたので、これが… Continue Reading →

親知らずを抜歯。 魚の小骨を抜く程度のものだと説得されて予約したのだが、当日の朝… Continue Reading →

リゾートか執筆か

恒例の?長期休暇中の京都お泊まり旅行。 美味しいものを食べて、街中のホテルにわざ… Continue Reading →

昨日、ほとんど眠っていないので、眠いはずなのだけれど、暑いのと妙に冴えていて眠れ… Continue Reading →

なみさんとホテルで逢瀬。笑 昼から夜遅くまで、京タロ談義。はじめて、二人並んで、… Continue Reading →

土用の丑の日で、家族で百貨店の鰻屋さんに食べにいく。混んでいたので40分くらい並… Continue Reading →

夏休みに入ったので、いつもと違う場所で子供のロボット教室があり送っていく。 待っ… Continue Reading →

後祭(あとまつり)に繰り出すが、前祭の時と違って、すごく蒸し暑かったので、3鉾く… Continue Reading →

あさイチで久しぶりに久米宏さんを見る。 変わらず若々しいが、変わらずのクレバーな… Continue Reading →

綾傘鉾の棒振り

京タロの『ミカヅチ』にそっくり。 かつて、赤熊(しゃぐま)をかぶった男がミカヅチ… Continue Reading →

素敵な絵師さん見っけ!横山華山展

宵山の賑わいのなか、近世の絵師、横山華山展にいく。 kazan.exhn.jp … Continue Reading →

歴史に浸る、宵々山

宵々々山、宵々山と、二夜連続で祇園祭に繰り出した。 今年は、信じられないくらい涼… Continue Reading →

今、ここに あるものと共に

ここ数日、5年ぶりの非二元探求熱が再燃していた。 もう、決着がついたことなので、… Continue Reading →

大正ロマンなキャンドルの世界

ヨネヤ金六商会のキャンドル教室に行ってきた。  「蓮」をリクエストする… Continue Reading →

守るべき繊細さと本音

この個人的な日記と、B面ブログ、公式サイト、この3つの使い分けについて、どうすれ… Continue Reading →

星に願いを。

夕方、M女史より、翡翠の写真が届く。 蓮モチーフの表もさることながら、心が惹かれ… Continue Reading →

七夕のお願い

毎年、七夕には、短冊に願い事を書いて、笹に飾る。 今年は、笹のことをうっかり忘れ… Continue Reading →

なにしろ地上は聖俗カラフル

 この前、投稿したエジプト神話のオシリスとイシス物語。この二神は、夫婦神でありな… Continue Reading →

« Older posts

© 2020 岩倉ミケの珍妙奇譚 — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑