わたしの原点

ムージが、ラマナ=マハルシの言葉で、

「私は、ほとんど何も知らない」

という内容を紹介していたが、

 

これこそ、

ほんとうの ほんとう。

 

 

いつでも、すすんで「何も知らない」ところに在ること。

 

これが、わたしの原点。

 

 

「私」と曲解していた「私」をぜんぶ捨てたら、

何も知らない 「わたし」であれる。

 

そのとき、すべてを知る。

 

いや、違うね。

 

すべてを知っているという安堵感の中にあるだけで、

実際に、肉体次元では、どこまでいっても「何も知らない」。

 

 

厳密に言えば、

「何も知らない」を どこまでも どこまでも 感づいていくことが、

無限である「何か=わたし」とのコネクト?? いや、一体感を味わえる。

 

いや、味わえるという言い方も、少しずれている。

 

一体感とは、「味わうのはだれ?」ってところで見つかる「気づき」だから。

 

 

言葉で伝えるのは、なんぎ。

 

でも、このチャレンジは、わたしにとって、どこか甘美 でもあるのだね。(^_^)