京タロのツールとしての本質

タロットを作る という作業は、

ひょっとしたら、概念化ではないか? と思われるかもしれない。

 

たしかに、そのように作る人も、いるのかもしれない。

(まあ、一概に、それがダメだとも思わないし)

 

 

ただし、京都タロット場合は、ちょっと違う。

 

仮説として、考えてみてほしい。

 

仮に、目に見えぬ女神がいるとして、

彼女たちが、私たちの「内」に生きることで、

報われなかった物語を成就させようとしている……。

 

 

 

そういうことが、ありえるとしたら、

私たちは、知らず知らずのうちに、導管になってしまっていた??

 

と、考えることができます。

 

 

 

京都タロットは、この仮説を「地」でいきます。😉

 

 

 

知らず知らずに、振り回されるのではなく、

私たちの内に流すのですね。

 

きちんと。

意識的に。

 

 

その時、はじめてわかるのです。

 

うちに流れている、その動き自体が、エクスタシィであるということを。

 

 

感覚を研ぎ澄ませば、(これは、ただじっと意識を自分に向けるだけ)、

何かが喜んでいるのが、感じられます。

 

この時の 喜びが、女神のもの。

 

この歓喜・至福感のエネルギーを、

人間の地上世界では、女神 と呼んでいるのかもしれない。

 

 

 

エネルギーの種類に、価値判断をしているのは、ヒトの了見でありますが、

 

ヒトの了見から、ちょっと手を放して、

ただ、物語が流れるのを感じてみると、

どんな種類の流れであれ、共にいて、、、

 

 

すると、

生命のダイナミズムを、直に 感じるだけでいいのだとわかってくるのです。

 

 

 

無意識に、出来事に、一喜一憂している頃とは違って、

喜んで 差し出し、

物語を 成就 してさしあげる。(←この言い方よ…。笑)

 

 

動かされることの面白さ。

動かないことの静寂さ。

 

 

 

だから、京都タロットのカードからの啓示とは、

どのような物語が、今、通過しているのかを感じます。

 

 

そして、

何が出ても、絶対肯定できると、

 

すべてを、面白さと静寂さを内包したエクスタシィとして捉えられ、

力強く、ゆるがなく、なれるでしょう。

(いや、なったよ。( ̄▽ ̄) けちょんけちょんに言われてても)

 

 

 

なぜかって、

 

その在り方によって、

私たちは、

何者でもない「わたし」に触れることができるから。

 

いや、触れるどころか、それそのものなんですから。