ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

剣の九、たとえ形勢不利であっても

剣の九、たとえ形勢不利であっても

このスプレッドは、犬をも喰わぬ口論をしたあと(いんや、口論と言っても、一方的に怒られているだけなんだけど…^^;)に展開したもの。下の3枚が通常の三柱鳥居法。見る人が見ると笑えるのでは?
ここでは『剣の九』について。「形勢がどうしても不利」というカード。笑
 
ただし、絶対肯定の京都タロットは、ここでガッカリなどいたしませんよ。「形勢不利」という状況が、「現在、完全にオッケー」であると読みます。すると、見えてくるでしょう?
『八、エンマ』『六、ムスビ』の真の意味が。
 
確かに、口論の時はズタズタに傷つきましたが、ここではその不利な状況を変えようということではなく、だからこそいいのだと率直に反省をして、忘れることは忘れ、あるいは惰性になってしまっている悪しき習慣(←これについて怒られまして…)を潔く切り捨てることで(エンマ)、より良き強いパートナーシップが育まれる(ムスビ)ということを教えてくれているわけなのですね。
 
さらに、アドバイスを求めたところ『拾、コノハナ』。このパートナーシップから何かが生み出されるという暗示までいただきました。(@もう、赤ちゃんは結構ですが…by.アラフィフママ)
 
このあと、『剣』について洞察する夢を見ましたが、それはまた次回^^

京タロB面カテゴリの最新記事