囚われず ないがしろにもせず

ちかごろは、ムージばかり見ている。

喉が渇いて、水を飲むが如く、ムージばっかり。笑

 

ムージが導いてくれる瞑想は、

ただ「観ている」だけの存在状態そのものに気づかせてくれる。

 

私(私たち)の存在は、ひとことでいえば、

「気づき」自体だと、言いたく思う。

 

それは「存在」とも言い換えられるけれど、

「気づき」も「存在」も、

それぞれの人の脳内で、特定のイメージが作られないように、

できるだけシンプルな言葉で伝えたい。

 

 

気づいているだけ。

永遠に傷つくことのない無傷の 不死の

ただ、どこまでも いつまでも「観ている」存在。

それが、わたしたち。

 

 

目に見えている現象は

煙(けむ)のようなもの。

 

瞬く間に形を変えていく

あるいは 消えていく

雲のような 煙のような。

 

それに囚われるのは愚。

 

しかし、この刹那、いっしゅんいっしゅんは、

だからといって、ないがしろにはできない。

 

囚われず、ないがしろにもせず。

 

わたしは、その絶妙な「肉体」次元にあるのに、

でも、それ(肉体次元)すら、ただの煙であること、、、

 

 

この面白味に 息を飲むばかり。