ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

夫が昔カレの顔といつの間にか入れ替わっている夢

NO IMAGE

ベッドの上に夫と二人で寝ている。ふと改めて顔を見ると、学生時代の彼氏の顔と入れ替わっている。でも、立ち居振る舞いは夫そのもので、戸惑う。「どこで入れ替わったんや?」と問いつめると、最初は誤摩化していた風情の人が、神妙な顔になって、話そうか否かを考えているのがわかる。枕元にいた、ぬいぐるみ風の猿が、夫風情の男の助け舟を出すように、「12才ごろ」などと言う。「それは結婚前の話。それ以降、いつ旦那と入れ替わったの?」と問いつめるが、話を逸らされる。「買い物に行く」と言うので、わたしも付いていくと言って外に出ると小雨が降っている。その人は「(雨だから)早う、いんだほうがええぞ」と言う。娘と自分の分の菓子パンが対で2種×2コすでに買ってきていた。クリームが靴に付く。それをぬぐって舐めた。【Feeling & Reading】何が気になるって、近ごろよく、オットとかぶるように、夢にこの彼氏が登場することだ。何度も見る夢は、警告。注意。その人に想いを残しているようなことは微塵もない。かれこれ20年くらい。(笑)なので、その人を夢に見ることは一度もなかったはずなのに、ここ1ヶ月くらいで4、5度見るようになった。今さら何ら想いのない過去の人が重なるのは、夫が夫ではなくなる…夫を失うことの怖れや不安、申し訳なさが夢に昔カレを招いているのかも。実際に、現在、切迫早産でぜんぜん動けない状態なので、夫にすべてを任せていて、そのことに罪悪感があるのは確か。夫もかなり無理をしてくれているのは確か。今はしょうがない…というところで、お互いに同意しているが、もっときちんとコミュニケーションを取るように心がけた方がいいのかもしれない。こんな夢を見たということで、率直に不安を話してみて、改めて謝ろうと思う。しょうがないことだけど、彼に家のことを押し付ける結果になっているのは事実なのだから。猿:(悪)知恵、クレバー、臨機応変、内なる知恵の象徴。パンのクリームが靴:私自身の足下(生活)と生きる糧や喜び、全部夫に依存している象徴。

ユメログカテゴリの最新記事