概念化したい欲

それにしても、、、

 

人の「概念化」したい欲、というのは、

凄まじいものだと感じる。

 

 

私のように、すでに、この心理のメカニズムを知った上で、

できるかぎり、概念化ではなく、

生を「そのまんま」生きる と決めている場合でさえ、

 

合理的だと判断すると、それを自分のやり方として(あるいは在り方として)、

固定化させようとする(概念化)衝動を、強く覚える。

 

 

 

つまり、「こうすればスムーズだろう」と頭で判断した方法を、自分に適用させようとする。

とくに、それが、一見うまく言っている場合は、なおさらだ。

 

 

しかし、この方法は、

のちのち「かえって こんがらかる」(笑)ことを 知っているので、

私は、ハッと気づき、手放す。

 

 

 

概念化させると、とたんに「重く」なるのがわかるので、

手放すことができるのだ。

 

私は、軽やかでありたいという思いの方が強く、

(=自分の中が空っぽである状態 という意味)

 

けっきょくは、その方がスムーズなので、

それは、概念化によるスムーズさとは、似て非なるもので、

味わってしまうと、一瞬でも、重みが重い。

 

 

 

目的が、現実をうまく生きること ということから離れられると、

(ここ↑は、実のところ、そんなに考える必要はない)

 

つまり、軽やかであることを中心に据えられると、

あまり困難なことはなくなる。

 

 

 

現実をないがしろにしろとは言わないが、

何があっても、心がお花畑🌺 って 心境の方を、

ほしくはありませんか?