気づきのその後

書きたいものと言ったものの、

どこからどう話せばいいのか、少し難しく感じる。( ̄▽ ̄)

 

 

…が、書こう。

 

 

私は、長年「悟り」をこじらせていた。

20年以上、このことに取り憑かれ、くたびれ果てていたのである。

 

決着がついたのが、2015年の初夏。

探求自体は、終わりを迎えた。

 

以来、憑き物が落ちたように爽快なって、むしろ、このことを話すことを避けるようになった。

 

 

うまく言語化できなかったということもあるが、

私のように、この、ある意味究極の幻想に取り憑かれてしまう人を増やしたくないという気持ちもあったように思う。

 

 

…………あれから5年。

 

 

あの独特の苦悩から解放されて、ホッとしていて、そう言う意味では、何も話すことはない。

 

じゃあ、なんで、今、書いているのかな?

 

「その後」の心境を公開しておけば、今の時代、何かの参考になる人もいるかもしれない……。

 

などと言うのは、たぶん後付けだ。笑

 

 

はっきりとした動機があるわけではない。

 

ただ、今、書きたい……という気持ちが高まって、パソコンに向かっている。

 

こういう時は、書いておかないと気持ちが悪い。

 

なので、その後の心境とその変化、

 というものを、思うままに綴っていこうと思っている。