ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

雪雷

雪雷

 東のカーテンを開けると、あたりの家の屋根はみなうっすらと雪が積もっていました。
 
 雲の向こうには朝日があって、その柔らかい光が、屋根の雪をほんのりと照らしています。
 
 雪が、ほんのりと屋根に載っているようすが、ちょうど15年前に、ある男に騙された翌朝と全くと言っていいくらい同じだったので、一瞬、ほんとうに、前日に男に騙されたのかと思ったくらいでした。
 
 ふんわり、ふんわりと漂いながら、雪はゆっくりと、地上に下りてゆきます。ぼんやり眺めていると、何もかも儚く散った、あの朝とぴったり重なりました。
 
 その時です。「それ」はやってきたのです!
 
 牛男。うしおとこ。
 
 ちょうどお向かいの屋根の上に、春色の服を着た牛男が座って、こちらを眺めていたのでした。
 
 わたしは、きっと、Mというお寺で見た、尊星王という小さな仏像の中から、牛男が飛び出してきたのだろうと当たりをつけて、
 
 「トラはどうした?」
 と聞きました。尊星王の後光のまわりには、トラが掘られていたからです。
 
「寝ている」
と、牛男は答えました。
 
「うそだ!」
 と、わたしが突っ込むと、牛男はニンマリ笑って虎の背に乗り、雪の空を駆り出しました。
 
その姿を見送っていると、牛男は突然振り返り、大声を白銀の空に響かせながら、
 
「許す!」
 と、叫びました。
 
 「うしやろーうっ!」
 わたしも叫びました。
 
 牛男は、もう一度、怒号のように「許す!」といななき、走り去ってゆきました。
 
  (完)

メルヘン掌編カテゴリの最新記事