額装家、向井りいこ先生にご依頼していた大アルカナの額装が、二年がかりで、ついにコンプリートした。

※最初に、先生のアトリエに訪問した時の記事。→

 

 

順番もお任せで、何がくるか、いつもワクワクして待っていた。

 

額装作品の最後を締めくくったのは『七 ヤマト』だった。

りいこ先生の額の中の彼は、まるで銀の龍に乗っているように見えた。

(ぽこぽこした感じが、どうしても映らない…;)

鯉が登って『登竜門』の語源という話はつとに有名だけど、ヤマトのカードには、登竜門たる登り鯉が描かれている。

好機を表し、いよいよ戦い(前進)の狼煙が挙げられたことをシンボライズ。

この好戦的な青年こそが、七番ヤマトである。

 

登り鯉といえば、先日、御所内の弁天さんの池で、飛び上がる鯉を見た。まさにこの絵のように、一瞬の光景が目の裏に焼きつくが如くに、鮮烈に残った。

タロットルームが完成したら、一堂に会したところを、またアップしますわよん。

りいこ先生の素晴らしい額装は、ぜひご覧いただきたいので、いつか、展示会もするわよん♪