ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

拾壱 トリイ(京タロ速習講座のまとめ)

拾壱 トリイ(京タロ速習講座のまとめ)

迎 朱雀

朱い門を出でるときは

 知っていなさい

 無二の番(つがい)が 舞い降りてきたことを

     

雀の迎えがあったなら

知っていなさい

扉の向こうに招かれていることを

時を告げられていることを

 

 

◆ 拾壱 トリイ 京タロラジオでのポイント

 

● 俗世と神域を隔てる結界。⛩

  次元の境界・扉を表すシンボル

・参拝とタロットの場合との、視点の在り方の違い

 

● 鳳凰と龍

白蛇の尾= カードを手にしている(手前側)自分の一部。

「龍」のカテゴリー

・とりわけ高貴とされる2種類の神獣の出会い

→最高のパフォーマンスが展開できるポテンシャルがあることの象徴

 

● わらしべ( ≒ 手に持つ稲穂)のシンボリズム

民話「わらしべ長者」

小さな一本のわらしべが御殿に変わり、貧しい青年が長者になる話

この世における豊かさに変容させうるツールを手にしている。

=次元が違う世界に入る

全く違う次元、世界になる前触れ

新しい世界への大きな移行期

 =可能性の扉の前にいて、飛び出す時

 

拡大の世界に入る

 

 

▼京タロラジオ

※京都タロットについて、詳しくはこちらから。

(パイロット版、ご購入もこちらから↑できます)

京タロ速習講座カテゴリの最新記事