このコロナ騒動中に、試してみたらええんやないかな?と思われること。

ひとり鎖国すること。
いや、鎖国しようとしなくても、現在うまいこと鎖国状態なので、非常に自然に鎖国ができてええね。

つまり、コロナ騒動を「外を遮断する機会を得た」と捉えること。

平常時ならば、そうしようと思っても、簡単にできひん場合が多いけれど、むしろ、これをお試しチャンスと捉えて、積極的に、このあり方を取り入れたら、ちょっとおもろいんちゃうかなと思った。


不安なら、何も1ヶ月も続けなくても、たった3日とかでも、ええやん。

たった3日間であっても、外の世界を完全に遮るという状況は、現代においては、めっちゃ貴重。


「わたし」と共にいると、いつも浮上してくる

「今」「今」「今」「今」「今」………

このあり方を、我がものにできるという、めったにない、貴重なチャンス。


前後の文脈を切る。
すると、
記憶も知識も ない 今 が ここ にある ことに気づく。


シンプルな 今 だけがここにある。


その瞬間 瞬間の 歓喜 心地よさ 平和…


ここで遊ぶだけ、楽しむだけ。


そのためだけに、ここにきたこと



今とつながって、(それは「私」と繋がるということと同じだけれど)、

そこで感受するもの、受け取るもの。