ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

電話して忘れ物を持って帰る夢

NO IMAGE

(夢の概要)
次の日に電車に乗ってくる先生を聞こうと思って、電話を掛けた。
担当の先生に取次いでもらうが、担当の先生は間違って他の人の電話に出てしまい、私からの電話に気づかない様子。わたしはそれを近くから見ている。
結局、直接行って目的は達することができたが、棚の上に、うちの忘れ物のバッグが置いたままで、そのため他のものを置くことができなくなっていた。
バッグの中はしょうもないがらくた。バッグを引き取った。

【夢解釈】 (参考『ドリーム・ブック?「夢」のシンボル辞典』)

●電話を掛ける:実際の状況への理解を求めている。そうする必要がある。

●忘れ物:やり忘れている物事。

●バッグ ≒ 荷:重荷を運ぶこと。勝手に決めてかかった責任。不必要な苦労。 

【My Feeling & Reading】

現実に気掛かりなことがそのまま現れた。 また一日保育者体験をしないまま卒園させてしまったことへの後悔(やり忘れたこと)。 さらに、今、やっていることに、この反省を活かすように教えられている。 いらぬ荷物(不必要な苦労)を持っているために、本来できるべきことができなくなっていないか? 実際の整頓の必要。実際に、卒園式に持って帰ったものを整頓していない。 リビングが落ち着かないままだ。 さっそく、整理整頓すること。

 

ユメログカテゴリの最新記事