ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

排卵期を知らせる「亀目線の夢」

NO IMAGE

鴨川くらいの幅の川をドジョウが川登りしようとしているのを、上体を起こした亀が食べようとしている。

亀は川に一列に三十匹くらい並んでいるのを、わたしは亀目線で、横からみている。

すごくヘンテコな感じがおもしろい。

「どじょうは、年々数が少なくなっていて、この風物詩もあまり見られなくなってきています」

というナレーションが入る。 

【My Feeling & Reading】

ちょっと愉快な感じの残る夢だった。

直感的に、今、妊娠のしやすい時期を知らせている気がした。

子供を産むために、川登りするドジョウ。上体を起こした亀。

そして、妊娠を知らせることの多い水の夢。

源流を目指すドジョウが、次第に少なくなる(年々減る)のは、卵子に出会うために遡る精子を彷佛とさせる。

真剣、子供を望むのなら今晩!だろう。笑

 

他の解釈としては、川は、感情の流れ。または生命の流れ。

川登りは、流れに逆らってでも、高みを、源を目指したいという現われ。

何かを成し遂げたいのなら、あるいは、新しいものを産み出したいのなら、ある種の感情を乗り越えることの示唆。

感情にまかせる(川のくだるに=奔流に任せる)のではなく。 

でも、まあ、感情に任せるのも、大海原にやがて辿り着くことを思えば、それもいいかもしれない。

しかし、源を見たい、源流に辿り着きたい、と言うならば、 感情に流されず、感情を乗り越えることで叶うだろう。

またここのところ、トーテムアニマルを楽しんでいるので、亀、玄武のトーテムを調べて見よう。 

ユメログカテゴリの最新記事