ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

ハムラビ王が心配する夢

NO IMAGE

今週もまたたくまに一週間が過ぎた。

そして、とても寒い毎日。

12月の前半で、ここまで寒いのは、すでに大寒のころのよう。

寒いのちょっと早いなあ。

金曜日は、少し、ほっと一息〜♪

 

高校時代の友人で、お互いに妊娠を探知しあって、ふだんは連絡もしないし、距離的にも離れているのだけれど、心理的?霊的?には「近いところ」にいるM子のバースデー。

考えてみれば、人生で最初に出逢ったシャーマンなような気がする。

M子、ハッピーバースデー♪

お誕生日、おめでとうございますっ!(^o^)/ 

 

さて、久々の夢ワーク。 

なんとなく気掛かりなことがあり、その件について夢に示唆してもらえるように祈って眠る。

1時間後ぐらいに、明晰夢

 

隣で寝ている娘の寝言。

「ハムラビ王、ハンムラビ王‥‥ハムラビ王がとても心配している」

娘が泣く。

「ママが、どこかに行ったらいやや〜」

夫がわたし達が寝ている部屋に入ってくる。

「今、この子寝ぼけてハムラビ王って言うたで」と告げる。 

明晰夢から覚めると、鈴がすやすやと寝息を立てている。

夫も部屋には入ってきていなかった。

 

【My Feeling & Reading】 

ハムラビ王と言えば、ハムラビ法典を連想。

たしか古代バビロニアの王で、世界最初の法律を作った人(やなかったっけ?)。

中学生の時習って以降、あえて思い出したことのない名前だったが、明晰夢で語られたことで、少し考えてみることにする。

 

最初の法‥ダルマ‥宇宙のダルマの遵守を心配されている??

子供が泣いて引き止める‥‥旅立つことへの自らの不安。または、現実をないがしろにしている??

 気掛かりなことと照らし合わせると、今、求められていること(ある種のダルマ)から逃げないこと。

ハムラビ王に心配かけないよう。笑

 

ユメログカテゴリの最新記事