ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

夫の車を俯瞰で指示する夢

NO IMAGE

夫とミヤガワくんという人が、車に乗って、街を指令どおりに進んでいる。

わたしは、その車がコマであるかのように、上空から見て指示を出している。

わたしの方も、どこからかもらった指示を、彼らに伝えている。

「そこ右に曲がるみたい‥」というふうに指示を出す。

結局は、ぐるっと大回りをしただけで、もと来た道に戻っていたりして、ゆっくりゆっくり前進。

途中で、車から下りて、小学校の前。

その向こうが指示のある道路。

わたしもいつのまにか上空から下りて、一緒にいる。

わたしと夫とミヤガワくんと娘。

その小学校は通り抜けしてもいいところだとわかって、突き進む。

向こう側の道にうまく通り抜けた。

ミヤガワくんは、夫風の男前に変わっていた。

娘と前方を歩いている。他の人もちらほらといる。

夫は、少し疲れを癒す風にして、わたしを抱きしめ、下半身を押しつけてくる。

わたしもうれしくてほっとしている。

でも、まだ旅の途中だ。 

【My Feeling & Reading】

家族として、夫婦として生きていくということの比喩的夢。

または、わたしの家族として妻としての役割的夢。わかりやすい。

あるいは、一つの理想としての在り方。

具体的な舵をとるのは夫で、わたしは俯瞰から状況を見ること。

夫は、わたしの相手をし、そして娘の相手もしている。

わたしは俯瞰でみたり、一緒に歩いたりしながら夫の癒しであるということ。

確信なんてなくて、手探り。

そう、最初っから確信なんてなくていい。だからこそ、その時その時の、ぶっつけ本番的喜びが大きい。

そして、確信というのは、確証があるから‥ではなく、自分で沸き立たせるもの。

確証を求めるのではなく、ただただ確信という自信を持って生きてゆくこと。

ユメログカテゴリの最新記事