「すいません」という女性の声と手がリアルなサイキック夢

自分ちの玄関だと思っていたところが隣の家だった。いかにも京都風で懐かしい感じ。だれかが背後から「すいません」と声を掛けてきたので、わたしも「すいません、寝ぼけていたので自分ちと勘違いしてしまいました。 … 続きを読む 「すいません」という女性の声と手がリアルなサイキック夢