空観タブレット(探究の終わりについてのつれづれ6)

この探究つれづれシリーズでは、Pさんのことをよく書く。そりゃそうである。私の唯一無二のリアルの師となった方であるからだ。 おそらく、Pさんご自身は「師」と呼ばれることはあまり好まれないような気がするし … 続きを読む 空観タブレット(探究の終わりについてのつれづれ6)

シンプルな気づき(探究の終わりについてのつれづれ5)

探究の終わりについて、(だれにも頼まれていないのに…笑)思いつくままに書いているシリーズ。 あと2回ほどで、現段階で思いつくことは、とりあえず終了できると思う。^^ どなたかの探究生活の一助になれれば … 続きを読む シンプルな気づき(探究の終わりについてのつれづれ5)

感謝という成仏(探究の終わりについてのつれづれ4)

実は別の記事を書きかけていたけれど、昨日のPさんの記事を、就寝前にお布団の中で読んで感動して、私は、大事なことを「抜かしていた」ということにハッと気づき、別の記事はほかして、この続きを書こうと思う。 … 続きを読む 感謝という成仏(探究の終わりについてのつれづれ4)

先生、師について(探究の終わりについてのつれづれ3)

昨日、書いたような行程は、飽くまでも私の場合であり、目の前の地平への私の向かい方。当然、人にはいろんな役割があり、ある程度のフォーマットやパターンを「変わらず」伝えていくというタイプの人々は、今の世界 … 続きを読む 先生、師について(探究の終わりについてのつれづれ3)

なにもない私(探究の終わりについてのつれづれ2)

このブログは、「気づき」から3ヵ月ほど経った日のある夜、急激に「今の想い」を書いて吐き出してしまいたいという衝動がやってきて始まった。もう「みゅーずが下りてきてる、みゅーずがぁ…」という気分になり(大 … 続きを読む なにもない私(探究の終わりについてのつれづれ2)

先ほども書いたけど、宇宙的(宇宙服とか宇宙船のテーマ)レトロポップにぐんぐん心が惹かれ、リビングの今回の模様替えのテーマにしようともくろみはじめている。 うちのボンが今、夢中になっているレンジャーシリ … 続きを読む

「なんであれ愛する」感覚は、「愛に委ねる」感覚にどこかでチェンジする。 愛する感覚と委ねる感覚は、同じレコードのA面とB面。 積極的なA面と、受動的なB面。 ガンガン行きたい時と、ラク〜に流れたい時。 … 続きを読む

有吉ジャポンでパンク町田さんという方を知る。はちゃめちゃだけど、めっちゃ素敵。^ ^サカナくんと同じくらい素敵。赤塚不二夫さんくらい素敵。 (私にとって同じカテゴリーの方々なのだが、通じるかしらん〜? … 続きを読む

やっと、いちだんらく。 そして、覚悟を決める。人生をごっそりぜんぶ受け入れること。 ああ、これは「自ら」できる。なんと!笑 なんとなんと、愛する と思うだけで、力が湧いてくるではないか。 いぜん、「わ … 続きを読む

先ほどシャレで、いとゆかし なんて書いたので、ふと思い出したことがある。高校時代、本名がズバリ「〇〇ゆかし」という名の古典の先生がおられたこと。名前のイメージのままの美人でゆかしい先生だったなあ。 そ … 続きを読む

ピタゴラスイッチの『ピタゴラ装置大解説スペシャル』。萌える〜。 机の上に展開される 数理と文学の頭脳が融合したような(数理寄り)物語性と美しさ。澱みなく、ひかかりなく。いいえ、澱みすら理の美。     … 続きを読む