ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

2016年6月

  • 2016.06.27

鈴の音とともにやってくる

以前、お世話になったギャラリーさんで、駒井明子さんが個展をされるというDMが届いた。 駒井さんの絵は、2年くらい前に、京都で個展を開催された際に衝動買いしたことがあって、人の内奥と共振するような絵。 DMの絵は3枚で、その左端のグリーンっぽい絵が気になると思ったら、やはりというべ […]

  • 2016.06.24

守り神?

今、先の記事を書いていたら、ボンが見ていた『ドラえもん』で、のび太が言った。   「大丈夫。ぼくには守り神が付いているんだから」   だって。(笑)

祓いと浮上の

雨や、月のモノや、〇〇との電話(笑)や、子供が風邪気味ってことや……いろんなことが複合的に混じって私の中に思考と感情が沈み、なんかよくわからない不調という現象が浮かび上がる。 不調は不快。 だから、すぐにでも解決したい、消したい と思う。 消せるものなら消したらいい。 でも、たい […]

クラマ 剣の局 稲穂の弐

あることでしんどく感じていたことがあったので、お風呂上りに尋ねてみたところ、このスプレッド。 クラマ 剣の局 稲穂の弐 京都タロットは正逆位置は定めてはいないけれど、スプレッド全体の配色や図柄の並び、色のバランスなどの印象も見るので、一応、そのまま展開する。 本来の私自身のままで […]

  • 2016.06.19

大アルカナ解説終了

大アルカナ解説がとりあえず終わった。 なにか、憑き物に憑かれたように(笑)やっておったので、プチシンクロの嵐であった。 大アルカナの仕組みは、0のたろうと1いちひめの二つはツインで云々…と書いていた時は、ある方のブログで二進法のことが書かれているなど。 内容的に、直 […]

初めてのドラゴン退治

『オロチ』解説を書いているさなか、IPPONグランプリで、こんなプチシンクロなお題が。 「初めてドラゴンを退治しに行くのですが、アドバイスをお願いします。」 若林さんの答えが、けっこうツボでした。 「口の中にマヨネーズを投げ込むと、火を吹かなくなるよ」 「この時期は混むから やめ […]

直視せよ

この一見、おどろおどろしいカードは、最初、ここまで怖くなかった。天女が井戸に舞い降り地底に花を捧げていた。私は、朋百香さんの描いたそのカードに満足していた。井戸を挟んだドクロと天女のコントラストに安堵を覚えていた。 その後、朋百香さんにさまざまな出会いがあり、変更させてほしいとい […]

13、そして49

Sさんの写真展に行き、250部限定の写真集のエディションナンバー「58」を、‘あえて’選ばせてもらって購入。5+8で13。つまり、絶賛執筆中の13番「イド」に合わせてのもの。 ↑チャーリーさんの素敵な写真集 13は西洋においては、パワフルでありながらも「死」を意味する厳しい数秘で […]

「わたし」で

     ことんとハマるような、落ち着く位置というのがある。 このまま、あるがままの、この「わたし」という。   今のこのままだ。   それは、必ずしも、居心地のいいものばかりではなく、ちょっとした自己嫌悪感を覚えるものも含んでい […]

  • 2016.06.08

まとまった時間ができれば

解説を少しずつ進めているところ。 何年もむずむずしていて、不思議と進められなかったのだが、少し前にどういうわけか、唐突にスイッチが入って、それからはずっとエンジンが掛かったままである。^^ この緊張感は好き。というか、そもそも好きなことをやっているのだから、好きとか嫌いの話ではな […]

あなたのことが

きらいなの といった言葉は まっすぐに 私に向き直って 私は 自分を嫌いになっていくんだね 私は 自分のやりたいことをやっている この小さな私を 今は だんだん好きになっていってる そして あなたに優しくなっている   あなたのことが嫌いだといった 遠い日の私の頬を 一 […]

しょせんみけねこ

     みけねこ と書いて改めて気づく。 本質の私は大きいとか、(まあ、大きいのだろうけれど=つまり誰でも大きい) 本当は、生きているだけで十分で素晴らしいとか、(そりゃそうなんだけど) そういう言葉に救われる時もある。   でも、一方で […]