ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

2016年11月

  • 2016.11.30

神話は、鏡面のように反転して現実を映す

──足の親指から生まれた一寸ジジイの夢 足の親指から、『ちっさいおじさん』が出てくるという夢を見ました。よく見ると、ただのちっさいおじさんではなく、数年前に他界した私の父でした。 しばらくすると、父はまた指の中に戻り、そのあと、口の中から再び出てきました。親指姫ならぬ親指おやじと […]

  • 2016.11.29

金縛り奇譚 本当に魑魅魍魎は跋扈しているのか

先日、大学生の娘が「久しぶりに金縛りに遭うたわ」と告げました。合宿から帰ってすぐだったので、だいぶん疲れていたようです。疲れていると、肉体の就寝と、意識の就寝にタイムラグが生じることがときどきあって、そのズレに金縛りという一種の不快症状が起こるのではないか、と私は仮説を立てました […]

写真家 さとこさんのこと

朋百香さんのブログに、写真家 野口さとこさんが撮ってくれたトークイベントの様子がアップされています。 京都タロットにマッチした会場の様子が、プロの写真家さんが撮ってくださると、まさに寸分の狂いもなく伝わります。ぜひご覧下さい。 ・朋百香さんのブログ → 会場  イベント 本日は、 […]

否定的に見えるカードのこと

5日間の間、ひょっとしたら100名近くの方に『京都タロット占い』をさせていただいたかもしれない。こんな短期間で、いっぺんに個人的なことを見るという経験は、今までもこれからも、もうないのではないだろうか。そのことを朋百香さんは、「見てて思ったんだけど、あれは『させられてた』わね」と […]

衝撃の手相見

展覧会では、たくさんの方に出会ったり、再会したり、みなさまに支えられていることを実感させていただいた1週間でした。 そんなあれこれについても、これから、ちょこちょこっと思いつくまま話そうと思います。 ∞ 白い着物をお召しになった女性がいらっしゃった。風格と存在感のある、姉御肌であ […]

哀しみの癒しと克己

原画展の時に、怒涛のリーディングをさせてもらったことで、改めてわかったことがある。 京都タロットの場合、どんな内容のカードであっても、どんなふうに感じたかということによって、見えてくる「今」がまったく違ってくる。 例えば、『九、イワナガ』のカード。 展覧会で「このカードが一番好き […]

  • 2016.11.18

絶対肯定のカード

確か原画展最終日の二日前の帰り道でのことだったと思います。 しまだいさんを出て、御池に向かって歩いていると、はっと感じたことがあります。   京都タロットは『絶対肯定』のカードである。   ふっと浮かんできたこの言葉に、私は震えるほど感動しました。 こんなふう […]

  • 2016.11.15

ありがとうございました!!

京都タロット宙のメサージュ 朋百香さんの原画展が無事終了いたしました。 素敵な朋百香さんはもちろん、朋百香さんとの出会いのきっかけを作っていただき、当初から励ましと愛を送り続けてプロデュースをしてくださったスターポエッツの仁美さん、そして、今回は何よりも、足をお運びいただきました […]

  • 2016.11.07

ギャラリーでふとんを敷いて寝ている夢

いよいよ明日がギャラリーに搬入&設置の日で、もうたろうさんたちは大挙して入洛している。^^ そんな差し迫った状況ではあるが、一週間くらい前の夢。   設置の手伝いをしている。11のトリイを小アルカナスペースの入り口に飾る。龍神さんの鳥居とトリイの絵が重なる。 ワンドの一 […]

  • 2016.11.03

変身夢

会場となるしまだいさんにDMを置かせていただきに行った。室内に井戸があって、泉が溢れていて、本当に素敵なところ。このまえ、ギャラリー内にお布団を敷いて寝てしまった夢(しかも、ある動物に変身していた…)を見て、会場に溶けてしまうような気分になっていたのであった。

親子でトリイを感じているの巻

うちのボンはブロックが大好きで、親バカの母ちゃんは、そんなボンの作ったブロック作品が大好き。 写真は、この前作ったブロックと、翼のある仮面ライダー?ニンニンジャー?ジュウオウジャー?とゴジラを並べていました。 あれ? なんか見たことある。 …………!! これって…… ひょっとして […]