昨日の夜、なにかが弾けた。

考えるのがじゃまくさくなった。

もうどうでもええわと思った。

いや、もう、どうでもええわって心境になることを願った。笑

投げやりなそれではなく、あたたかなそれ。

京タロさんに聞いたら、エンマさんが出てきた。

まさに、だ。

普通は「逆」に解析する人の方が多いかもしれない。

「よく考える」というふうに。

エンマのカードは、冷静にジャッジする状態だが、それは「私」が私の思考内での判断することではない。

もっと、冷徹なもの。

つまり、ジャッジメントはエンマさんに任せる、である。

そして、ヒトは寝て、忘れる、である。( ̄▽ ̄)v

ほんもののジャッジが現れるから、それに委ねる ということだ。

そこに審判がある。

という、お知らせがエンマさんなのである。

京タロにおいては、それは、私が為すことではない。(「私」はむしろじゃま)

イメージとしては、自分の目線よりちょい上あたりに、2メートルくらい先に、エンマさんが浮かんでいる。

そこに「出現」するだけ。

出現だけで、知らせる。出現だけで、祓われる。

すごいよ、エンマさん。篁さん。

ひとことで言えば、「こだわるな」だろう。