f:id:hatmehit:20191130001946j:plain

うちの屋号は奇想庵というのだけれど、

うちの書斎のことを、わたしは 自分のペンネームから「三毛庵」と呼ぶ。

(ちなみに、ライター時代の屋号は「三毛庵ワークス」と名付けていた。)

三毛庵は、わたしのインテュイションそのもので、

夢で見た「わたしの」 歴史が綴られた図書室と共振している

と感じられる場所でもあって、

それは、奇想庵の胎内。

わたしにとっては、宙に直結するインスピレーションの小宇宙なのだ。

 

現在、この三毛庵を、もっと進化させてタロットルームを備えた、

ほんとうの「奇想庵」にするために、

リフォームをやってくださる工務店さんとやりとりしているところ。

三毛庵から奇想庵になるのは、どこか出世魚に似て、なんだか楽しい❣️

     

さてさて、工事が全部終わってから、「こんな素敵な部屋ができましたよー!」って

お知らせしようと考えていたのだが、

先に、お知らせしたいなぁ〜と思う事情??が出てきたので、

今、書いています。

     

      

実は、この三毛庵には、わたしが「御神体」と呼んでいる偶像なるものが鎮座している。

日本の多くのおうちに、仏壇や神棚があるようなもの。

ただ、三毛庵の御神体は、もっとカジュアル。

でも、ほんまに、ほんまに、美しいの。

キャンドル作家の真帆さんが作ってくださった、七色のキャンドル。

今年のGW明けの 彼女の個展で、わたしは、この作品に出逢ってしまった。

以前、この日記にも書いた記憶がある。

夢に見た、宇宙空間で、金粉のような星屑を掛けられて、

浮かんだまま地上に降りて湖に潜り込んだ 柔らかい砂の感触のこと。

わたしは、この作品に触れて、あの夢を思い出してしまった。

うちに潜む空間。

いつでも、あの夢で見た、宇宙のような、海のような、虹のような、

明るくて暗い、暗くて明るい、

むき出しなのに、柔らかい、

やわらかいのにクリア  という、

優しい、あの不思議な感触の場所に戻れる標(しるべ)として、

この人を、三毛庵に迎えたいな…と、身震いして、私は真帆さんにお願いした。

真帆さんは、完成に至るまでの全てのタイミングを、

微細な「何か」をキャッチしながら、進めてくれた。

いや、進めてくれる時は、一気。

むしろ、待ってくれた、、と言った方が良いかもしれない。

    

頼んだにも関わらず、私は何か月も、心の中で、

今  じゃない。

待って、待って、真帆さん、待って、、、と

言い続けていた。(´-`)

指南書の原稿が先。

なぜか、私は、そう確信していて、真帆さんに心でストップをかけていた。

       

原稿が仕上がったのは、秋分の日だが、

特別、その日を狙っていたわけではない。

翌日、真帆さんから、まもなく、完成する と電話があった。

ちなみに真帆さんは「御神体」として発表されているわけではありません。はい。笑

 作品名は、スペイン語で『楽園』という意味の「paraíso(パライソ)」。

f:id:hatmehit:20191130002034j:plain

我が家にパライソさんがやってきて、三毛庵に宿ると、

 なんか、御神体みたい…

と感じるようになり、イデアとしての偶像と化し、ワタクシ、偶像崇拝。

うそうそ。笑

   

   

いや、崇拝っていうか、拠りどころ というか、

先ほど書いたように、「あの」つながった場所に戻る標(しるべ)となってくれている。

パライソさんをみると、もののみごとに、わたしは戻れる❣️

相性っていうのもあるのかもしれないけど、わたしの場合、百発百中なのよ。

もはや、イメージの中だけでも、パライソさんとすぐに一体化? できてしまう。

       

御神体があるって、ひとことで言えば、

自分を信頼していく、、というあり方に繋がる…いや、戻れるしるし。

    

     

さて、そんな真帆さんの個展が、また明日11/30からはじまる。(12/4まで)

今回の会場は、祇園の「ぎおん 石」さん。

ペドロさんという石のアーティストさんとの二人展。

新しい、彼女の作品群に うっとりしに、絶対見にいく!

楽しみでしょうがないのよん💕

ここまで書いて、なんやさっぱりわからんと思いつつも、

なんか惹かれるわ〜って人は、

ひょっとしたら、そこには、あなたの「標..しるし」が、待っているかもしれません。

Piedra Luna-太陽と月の聖夜に-

國領眞帆/ ペドロ・ミッシェル・アギラル 二人展

f:id:hatmehit:20191130140655j:plain