ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

障害か?幻想か?

NO IMAGE

さて、昨日メルマガにて夢本上梓の件を発表いたしましたら、たくさんの方から激励のお言葉をいただきました。
まずは、こちらより遠巻きにお礼申し上げます。
ほんまに、ほんまに、おおきに ありがとうございましたっ!!
m(_ _)m 多謝!
返信は、合間合間にゆっくり書かせていただきますので(書きたいんです。書かせてくださいっ。拒否しても書くでっ)ちょっと気長にお待ちくださいませ。
       ***      
さて、実はワタクシの場合、満月期に入ると、だいたい猛烈睡魔にやられるのですが、今回は意識が冴え冴えです。
月サイクルに合わせた睡眠欲と食欲と性欲のまま(笑)、自分に優しく、人にも優しく、煩悩バンザイ!で年中過ごしているのですが、このことを周囲に理解していただくには、非常に地道な啓蒙活動(爆)が必要でありました。
さらりと書いていますが、これはまったく気を長く持たなければなりませんでした。
わたしは物心ついたころから、寝付きが悪く、寝相が悪く、寝顔が悪い。(^^;)
基本的に夜型で、授業中は眠り、休み時間も眠り、テストでも寝言をいうくらいの(まぢです。逸話になっております‥<自慢すな!)つわものでした。
冴えている時間帯に眠る気になれず、睡魔に誘われたらホイホイついてゆきたい。(笑)
それが「わたし」で、それが「自然」で、だからこそ、それが「豊か」なのだ、と。
眠らないわたしを心配してくれる家族に対する、わたしの啓蒙活動は、この一点。(笑)
うっかりとこの活動を怠ると、家族は「睡眠障害」と決めつけて、病院に強制連行されそうになるので、わたしは都度、声高に「睡眠障害なんて思い込みで、本人が苦痛を感じていない限り障害ではなく、単に野生の風の一種で、わたしの中のちょっとしたフェーン現象なのだ」と叫び続けないといけませんでした。
そんなわけで、ハルシオンを処方されることだけは、今までなんとか免れてきました。
しかし、愛するという気持ちは、時には激しく人を動かします。
わたしを愛してくれる身近な人々は、いかにわたしの睡眠のサイクルが異常で、その自覚を持とうとしないわたしは尋常ではないので、もっと健やかに日々を送るべきだと説得する宣教師。
一見クリーンな(笑)彼らの論はたいそう一般的であるので、わたしもつい洗脳されそうになります。
彼らの洗脳か、わたしの啓蒙活動か‥‥どっちが先に倒れるのか?
異端を認めてくれと泣いて懇願する近ごろのワタクシは、もはや啓蒙とは言い難い。(^^;)
そんなわけで、ここで、改めて、この活動の主旨を綴りたいと思います。
睡眠障害というのは幻想、思い込み。
マジョリティが昼に活動し夜に眠っているので、それがたまたま人間の基本的生活習慣だとされているだけで、基本的生活習慣なんて本質的に幻想ではないか?
人は本当は、好きな時に起きたり寝たり喰ったり××したり、もっと自由であってええのんではないか?
ホモサピエンス種の中には、少数だけれど、自由闊達な睡眠サイクルを持つ種がある。
本人が苦悩していなければ、障害などない。
少数派というだけで、わざわざ苦悩に導かないでほしい。
他の種に害を及ぼさない限り、マイノリティを大らかに認めるのが、世界平和(爆)への道ではないだろうか?
(ひょっとしたら人類の進化系かもしれんのじゃぞ)
夫に告げると「単に気まましたいってハナシやろ?」と。
ちがーーうっ!!! ちゃうちゃうっ!
ちがうのだ!
これは、人間の根源的姿勢を問う、かつどーなのだ!
だれか、この主旨に産道やなくて‥‥賛同してくださる方いませんか?
世の中に「不眠に悩む人々の会」みたいなのはあっても、なんで「不眠を開き直る会」「睡眠に関する思い込みをなくす会」っていうのは、ないのだ?!
気ままバンザイ!  ありぃ? (自爆?!)

珍妙奇譚カテゴリの最新記事