神話は、鏡面のように反転して現実を映す

──足の親指から生まれた一寸ジジイの夢
足の親指から、『ちっさいおじさん』が出てくるという夢を見ました。よく見ると、ただのちっさいおじさんではなく、数年前に他界した私の父でした。
しばらくすると、父はまた指の中に戻り、そのあと、口の中から再び出てきました。親指姫ならぬ親指おやじというか、一寸法師ではなく一寸ジジィというか、小さな小さなミニチュア親父が、私の体の部分から現れ出るという、とてもファンタジックな?夢を見ました。
奇妙奇天烈な、だからこそ、ある意味とても夢見らしい夢見でもあった一寸爺の夢でしたが、夢見というのは、神話の原型、つまり物事の成り立ちを教えてくれる場合も多いようで、この一寸爺の夢見にも神話的な含みが感じとれました。
 
──神の身体の一部から発生する神々たち
神々は、分娩によって生まれる場合もありますが、神話の始まりの頃の神々は、親となる神様の一部分から発生するように描かれることも多いのです。
たとえば、古事記にあるアマテラスとスサノオの誓約(うけい)と呼ばれる一節には、アマテラスはスサノオの持っている剣を口に入れて?み砕き、その時の息の霧から三柱の女神が生まれ、そのあと、アマテラスのもっていた勾玉をスサノオが噛み砕くと、その息の霧から五柱の神々が生まれたというものがあります。
 
また、ギリシャ神話の有名な女神アフロディーテ(ヴィーナス)は、天空神ウラノスの切り取られた男根が海に落ちて、その時沸き立った泡から生まれたとされていたり、エジプトのライオンの顔をした女神セクメトは太陽神ラーの左目から、あるいは、象の神様で有名なインドのガネーシャ神は、母親のパールバティが体を洗った時の垢から……等、神様が神様の一部から現出するお話は、まだまだたくさんあります。
また、それらの神話は、近親関係間に見られる例が多く、たとえばアマテラスさんとスサノオさんは姉弟ですし、そもそもお二方とも、イザナギさんの左目からアマテラスさん、鼻からスサノオさんが生まれています。
近親者と結婚したり、あるいは交わって、あるいはやりとりの中で生まれ出る神話は世界中にあります。
一寸爺の夢見でも、私の足の親指と口内から出てきたのは、紛れもなく私の亡父でした。
 

続きを読む “神話は、鏡面のように反転して現実を映す”

Tさんが港で錦鯉に囲まれて祝福される夢

Tさんがご主人さんといっしょに小さな港のような波止場に来ているのを、背後から眺めている。すべてがうまくいったことを海の中の何かに感謝を捧げにこられているようで、手には京都タロットの書いたばかりのものを … 続きを読む Tさんが港で錦鯉に囲まれて祝福される夢