ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

パラケルスス翁

パラケルスス翁

 パラケルスス翁がうちをたずねたのは、彼が三百八十八才の時だった。

 彼は緑色のゲル状の液体が入ったビーカーを手渡して、それを飲めという。
 わたしが躊躇していると、それは、『プリママテリア』だと翁は言った。
プリママテリアいうのは、錬金術における第一素材、つまり’るつぼ’の中で、最初に変容された物質である。
 そんなものを飲んだらホムンクルスになってしまう。そう訴えると、翁は困った顔をした。

 「よろしい、ホムンクルスになる可能性も認めよう」
 パラケルスス翁は言った。
 「それでも」と翁は続けた。「‥‥君は飲まなければならない」
 「飲まなければ?」
 わたしは尋ねた。
 「飲まなければ‥‥」
 翁はわたしをじっと見つめ、
 「‥‥君は、三万年後、消える」
 「消える?」
 「そう、消える。君の輪廻も終わる代わりに、存在がなくなる。星屑にすらなれない。
 でも、飲めば、君は、永遠の体を持つ。不死の体を‥‥」
 「でも、ホムンクルスになるかもしれない」
 「そう、ホムンクルスになるかもしれない」
 わたしは、パラケルスス翁に青春を預けるつもりで、ビーカーの緑のものを飲んだ。
 たちまち、体中の毛穴と言う毛穴から、ゲル状の何かが吹き出してきた。吐き気をもよおし、口からもどろりとした卵白のようなゲルが上がってきた。それを翁は、タオルで拭き取ってくれた。しかし、拭いても拭いても、やむことなく毛穴から何かが吹き出してくる。
 不死の体を持ったのか、それともホムンクルスになってしまったのかが解ったのは、ゲル状のものをすべて吐き出した48時間後のことだった。
 (完)

メルヘン掌編カテゴリの最新記事