ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

聖と俗に揺れる時に見た、ある俳優さんとめおとになる夢

聖と俗に揺れる時に見た、ある俳優さんとめおとになる夢

聖と俗。
いろんな両極がありますが、このテーマも、私の中の振り子があっち振れ、こっち振れ…する興味深い題材の1つ。
激しく「愛」に触れると(≒聖)、それが長期に持続することはほとんどなくて(少女時代のは単なる奇跡…笑)、たいてい一度、「揺り戻し(≒俗)」があることに、昨冬くらいに気がつきました。
特に、夫に対して。(笑)
強く愛情を感じた後は、激しく憤りを感じることが、なぜか起こります。一対ではないか?と思えるくらいです。
内容は書きませんが(書けませんが(^_^;))、その都度、どうしたらいいかわからなくなり、もう祈るしかなくて。すると、ほとんどの場合、翌日には何らかの答えとなる事象が起こります。
どうしてもひっかかることがあり、それを伝えるか否か。(←わりと、毎度、これ。(笑))
伝えなくてもいい…と私側の「こだわりを捨てる」場合と、曖昧にせず「きちんと相手と向き合う場合」があります。それは、その都度違いますから定型化できません。
後者を引き当てると、けっこう消耗します。(笑)
でも、やらねばならぬのです。
そんな時、夢を見ました。
向井理さんと夫婦になって、ごっつぅ優しいしてもらえる夢です。(爆)
これは、もう、内容はこちらにはとても書けませぬ。メルヘンメインのブログなので、夢見の内容こそ浮かれて書くべきことですが(笑)、いくらなんでも恥ずかし過ぎます。(^^;)
でも、ちょっとだけ……理さんが、身体を張って守ってくれる夢です。もう願望丸出し。俗丸出し。
朝、ニンマリして、少し(いや、だんぶん)優しくなっている私がいました。
痛み止め的夢見です。分析必要なし、子供にも可能な夢見効能の主作用と言ってもいいでしょう。


(向井理くん、こんな夢を見た時にゃぁ、もうファンにならずにはいられません^^;)

ユメログカテゴリの最新記事