ブログ名を変更して、リニューアルしました!(9/9)

タグ:勾玉の局

哀しみの癒しと克己

原画展の時に、怒涛のリーディングをさせてもらったことで、改めてわかったことがある。 京都タロットの場合、どんな内容のカードであっても、どんなふうに感じたかということによって、見えてくる「今」がまったく違ってくる。 例えば、『九、イワナガ』のカード。 展覧会で「このカードが一番好き […]