◆ このブログ『珍妙奇譚』のこと

はじめまして。
ここは、メルヘン屋 岩倉ミケが運営するブログです。
2003年より、名称を変えながらも、一貫して「ちょっとフシギで、だいぶヘンテコ」な内容で発信しております。

 

少女時代のある夜の出来事がきっかけとなり、ノンデュアリズムの探求という、

珍奇な探求道に、二十年以上、ひそかに没頭して参りました。

その道程で、不意に探訪することになったのが、シンボリズムという遊園地。夢見から星・神話、動植鉱物‥等々…万物の神秘を、体で探索するという、これまた奇妙奇天烈で、しかし心踊るテーマパークが、私を迎え入れてくれました。

 

つい、この間まで、こちらのWelcomeページには、「目に見えぬものへの、畏敬と面白味の世界観」と題した小理屈を並べておりまして、それらは、この彷徨いこんだテーマパークのご案内のようなものだったのかもしれません。

 

神秘的小理屈は、時には、運良く評価されることもあり、夢見本を書いたり、監修したり、京都本を手伝ったり、京都タロットを生み出したりすることもありました。☺️

 

ところがです。

ちかごろは、なぜか理屈など、どうでもよくなり、

 

今日、楽しくやっていこー!

 

小学生並みのアホシンプルさ。

うそみたいですが、今のモチベーションは、これだけになってしまいました。笑

 

あんなにシンボリズムを追いかけ回していたというのに、

妙な話です。

しかし、それがまあ、今のわたしにとっては、恩寵の毎日に感じられ、ただ生きていくだけで、おもろくて、幸せ感が(誇張ではなく)倍増して、でも、これこそが、人間の、至極あたりまえの存在の仕方なのだと思われてなりません。

 

 

在り方がアートのよう…などと言ってしまえば、たしかに、ちょっと

美しすぎます。だから、わたしは、カジュアルダウンして、こう申し上げたいと思います。

  珍 妙 美。

私のヘンテコ不思議な日常は、珍妙美ワールドそのもの。けったいなのに、奇跡のように着地をする。それは、アートと言ってもいいように思えるのです。

それが、暮らしです。

それが、生活です。

それが、毎日です。

それが、私の生き方であり、世界の愛し方です。

 (ちょっとかっこよくきめすぎました…;)

『ミケの珍妙奇譚』ご愛読いただけましたら幸甚です。 

●岩倉ミケのプロフィール→